市民戦が終わって少しぼんやりしていますが、今日も練習はありますのでみなさんお願いします。今日は人がたくさん集まりそうな予感がします。

さて、市民戦の反省の一つとして、「フラッシュができない」というのがありました。フラッシュっていうのはボールマンから見てレシーバーがボールに近づくように動いてくる動きのことです。ボール運びの場面で先にフロントコートまで走っていった選手が、ボールをもらいにセンターラインまで出てくるような動き、トップにボールがあるときにエンドライン側からハイポストに出てくる動きなどをフラッシュと言います。

特に気になったのはボール運びの場面でのフラッシュがないことです。プレッシャーをかけられたときに、先に走って行っている人たちが早めにフラッシュしてくれば簡単にボールがセンターラインを超えるような場面でも、なかなかボールをもらいに出てこない。

今書いていて思ったんですが、別にフラッシュじゃなくていいや。先に走っていってしまわずにそこにいればいいんだ。もちろんフロアの状況によりますけど。私は走っていくふりしてそこで止まってボールを受けるっていうことをよくやりますね。サイドラインに近い位置とかで。そんでボール受けたら真ん中から遅れて走ってくる選手にパスを戻して、そこからスタートですよ。でも、先にリングに近い位置まで走っていってしまって、そんであとからボールが来るのを待っているだけっていうのをよく見るね。

ボール運びのときに一番怖いのは、センターラインをまたぐときなんです。そこをね、ドリブルで抜けようとするっていうのはなかなかリスクが高いんですよ。特に相手が当たってきているときは。だからそこはパスですばやくボールをフロントコートに入れたいんです。

なので、試合中にも行ったけど、センターラインをこえたところの両端(サイドラインに近い位置)。あの位置でボールを受ける準備をしなきゃいけないわけですよ。早めのタイミングでね。まぁ真ん中でもいいけど、両端のほうが空いていることが多いし、端にパスが出れば真ん中でガードがボールを受け取れるね。

「つなぐ意識」ですよ。ボールって、自分が攻めるためだけにもらうものじゃないんですよ。自分が中継地点になることも考えなきゃいけないんです。ガードだけがボール運びをするんじゃない。だいたいうちにはガード的なプレーが上手にできる選手がいない。だから他の人もからみながらボールを運ばなきゃいけない。ボール運びをしている味方を助けるプレーをしなきゃいけない。早めにボールをもらってあげることを考えるといいかもしれないね。