どうも、リーダーです。木曜練習試合1.5試合、金曜蜂練習、土曜長野4試合、日曜練習、月曜9練習、火曜蜂練習。先週の木曜から6日間連続で体動かしました。さすがに疲労が抜けきりません。こんなに続けてバスケしたのは数えるほどしかない・・もしかしたら高校の部活以来初めてかも。体が動かない状態でのバスケもいろいろ気づきがあって楽しいですが、体が弱っているので精神的な余裕がなくなりがちです。ちょっとしたことでイライラしてしまうし。今日はバスケ行けないので、ゆっくり体を休めたいと思います。

さて、先週土曜日。行って来ました、長野まで。今回から数回にわたってその模様をお届けします。

ではいきます。長野遠征 出発編。

陸さんの高校の同級生が長野で大会を開催するということで誘われて行く事に。泊まりで行って観光してくるか?という話もあったが、翌日仕事がある人間もいるため、日帰りで行ってくることにした。

参加者はホーネットでの時間の共有率が高い人間を中心に選抜。WARAちゃん、陸さん、OTKさん、謎の男、私。そして今回の大会は女子の得点が全て2倍という特別ルールがあったため、男より強い女2名を選抜。謎の女、むっちゃん。いそっちも選抜メンバーに入っていたが、どうしても風邪がひけないということで参加できず。総勢7名での遠足遠征となった。

金曜の夜、準備をしているときにトマにかしていた笛を返してもらうのを忘れていたことを思い出し、WARAさん、陸さん、OTKさんに「笛あったら持ってきて」とメール。「私のタテ笛でよろしければ・・あー!おやすみなさい」と返信をよこしたのはOTKさん。WARAさんからは「俺は笛ひとつありますよ!たて笛も一本・・・おやすみなさい♪」と。その笛なら俺だって持ってるよ!

木曜日の練習試合、金曜日の練習と体に疲労がたまりつつある状態。それなのに朝5時半大学西門集合。起きれるか・・?と不安だったが、そんな不安は全く不要だった。

起きるも何も、ほとんど寝れなかったから。

遠足前日のワクワクだったのかなんなのか、1時くらいに布団に入ったにもかかわらず少しも寝れない。一瞬うとうとすることがあるが、すぐに目が覚めてしまう。結局合計5分くらいしか寝れなかった。

そんな感じだったので予定よりも早い時間に西門に到着。同じく早く来たみっちとともに原信にお菓子を買いに行くことに。キットカットとかを購入。きっと勝つ。

買い物後は朝マック。ソーセージ・エッグなんとかのマックグリドルを食べる。なんてうまいんだろうと思って食べているとOTKさんからメール。

「おはよーございまーす♪一番乗りですぜ!」

甘い、甘いよOTKさん。マックグリドル並に甘いよ。

その後WARAさんから「コンビニでウンコしてた為少し遅れます。」、陸さんからも「少し遅れます」というメール。我々は5時30分を少し過ぎて西門に到着したが、謎の男は早速朝からコンビニにウンコしに行っていた。いまいち出なかったと言っていた。

KGバスが到着するまで、おやつ係に任命されたむっちゃんが持ってきたおやつをチェック。7人分なのに300円までという厳しい制限の中、余裕で予算オーバーのおやつを用意してくれていた。おやつのチョイスもセンスが良かった。にんじん・・意外とうまかった。

そうこうしているうちにKGバスが到着。じゃんけんで席順を決め、長野に出発した。人気がなかった助手席はWARAさんになった。

新通インターからバイパスに乗って新潟西から高速でという話だったが、車は亀貝インターのほうに向かっている・・。嫌な予感がした。運転手はなかなかの方向音痴なので、運行ルートは基本ナビ頼みなのだ。まぁ高速に乗ってる間は大丈夫か・・・。

今回は謎の男がなぞなぞ本を用意してくれていた。早速始まるなぞなぞ大会。頭を使って考えることが好きな人間が集まっているため、これがなかなか盛り上がる。ペンを半分にわったら・・?の答えはパンではなかった。

米山に到着し、朝ごはんを食べるみなさん。朝マック済みだった私とみっちはヤスダヨーグルトのアイスを食べることにした。210円。全部食べきる前にお腹いっぱいになってしまい、食べ残しをWARAさんに処理してもらった。

と、ここで問題発生。そろそろ出発しようというときになって人数が一人足りない。あれ、謎の男は・・・?

「トイレ行ってます」

またうんこだった。

あまりに遅いので置いていくかとWARAさんが言い出した頃ようやく出てきた謎の男。WARA笑ブログによると、このときむっちゃんは舌打ちしていたらしい。怖いぜむっちゃん!

その後はひたすら高速を走る。なぞなぞ大会にも飽きてきた頃、WARAさんがiPhoneアプリで「WARAさんはイケメンだ」という質問を作っていた。iPhoneを回し、他の人に見られないように「はい」か「いいえ」を選択する。結果は・・・6人中6人が「はい」だった。WARAさんはその結果にご満悦の様子だった。

そんなこんなしているうちに高速の下り口に到着。いそっちへのお土産のネジを買う予定のコメリを右手に通り過ぎながら体育館に向かう。が、どんどん細い道に入っていくKGバス。

「橋を渡るらしい」「あ、あの橋じゃないですか?」「なんかめっちゃ細いけど・・」

そのまま進むと工事現場みたいなところに入り込み、さらに山の上をグネグネあがったりさがったりするはめに・・・。そうです。ナビが変なルートを表示していたのです。新潟で感じた嫌な予感、的中。体育館らしき建物は見えているのに辿りつけない。そんなこんなで少し遅刻して体育館に到着したのでした。

続く。