どうも、リーダーです。最近また新しく気づいたこと。いくら練習しても膝がストップ動作に耐えられないというか、トップスピードで動いた時にキレよく止まることができなかったが、それは「腹が効いていない」からだったということに気がついた。私は動いているときにいつも「腹の力が抜けていた」んだ。だから鋭く止まれない。

また、膝が深く曲げられないのも同じくこれが原因。片足スクワットをやってみると、腹が緩んでいると一定のところまで曲げると痛みが走ってそれ以上曲げられない。しかし腹圧がかかった状態だとさらに深いところまで曲げられる。痛みも小さくなる。膝の動きを良くするために膝を意識してスクワットをしたりしていたが、それは逆効果だった。膝ではなくて、「腹で耐えるスクワット」をする必要があった。

これはまたかなり大きな発見。この間気がついたボールハンドリングに関する気付きと合わせると、鋭く止まれる動作で、さらに力強く動けるようになる気がする。まだまだ練習が足りていないので体現できてはいないけど、頭の中で今まで曖昧だった部分がつながった気がするし、この前少しやってみたときの感触も良かった。ものになるまで練習し続けます。

イセのシュートとトマのシュートチェック