最近は足がダメなので、シュート、特に上半身の動きをよく考えている。わざと肘をしめずにシュートをうってみたり、左手の位置を変えてみたり色々している。

過去にも同じことをやってきているはずだけど、今やると今なりの気づきがあるから面白い。「この練習は昔やったからいいや」じゃなくて、昔やった練習でももう一度やってみるといいよ。きっと新しい気づきがある。

肩の動きに関して一つ驚いたことがあった。両手を後ろで組んで、そのまま片方の肩を上に持ち上げてみる。左右交互に。

そしたら右側の肩が全然持ち上がらない。左はすごくなめらかに(かるく)持ち上がるんだけど、右側は持ち上げようと頑張らないと持ち上がらない。

シュートは右手でうってるから右肩のほうがよく動くに決まっていると思い込んでいた私には結構ショックな発見だった。

試しに上記の動きを何回も練習してからシューティングしてみたら、シュートタッチがいいときの感じに近づいた。左肩と同じように動かせるようになったら、もっとよくなるに違いない。楽しみ。

ドリブルとパスは、ちょうど今いいお手本がいるので観察中。やはり私は肩の動きと股関節の動きがまだ悪い。

肩がなめらかに動かないと大きなパワーロスにつながる。「力が無い」と感じているときは、多くの場合パワーをロスしている。

本当に筋力が足りていない人はそれほどいない。ボールの芯をとらえてボールを扱うことができれば、そんなに力は必要ないんだよね。

日によってシュートがよく届く日とそうでない日があるのは、肩が固まっているか滑らかに動いているかの差のような気がする。

最近はずっと椅子の座り方(姿勢)が悪かった。そのせいで腰周りが嫌な感じでかたまってしまっていたと思う。

股関節が後傾して背中が丸まり、胸がつぶれているような姿勢だと胴体の力が使えない(末端の力だけで動くことになる)。オーバーヘッドパスや、空中でのパスなんかにも影響が出ている気がする。精神的な影響も大きいと思う。(姿勢は精神に影響を与える)

足が動かせない分、胴体が動かないと戦えないよなーと思います。