最近は「コトバ」について考えることが多いです。その人が書く文章で、その人がいったいどんな人なのか、なんとなくわかりますよね。思慮深い人なのか、勢いで突っ走る人なのか。適当な人なのか、堅い人なのか。意地悪な人なのか、やさしい人なのか。私はこうして今はほぼ毎日記事を更新していますから、もうさらけ出しまくりですね(照)え、バカっぽさがにじみ出てる?それはもう仕方ないですね(笑)

同じ事を言っていたとしても、言い方一つで相手の受け取り方が変わってくるっていうのもコトバの怖いところですね。コートの上でも「そんな意地悪な言い方しなくても・・」「もうちょっと違う言い方あるでしょう・・」って思うことは少なく無いです。

文章だけになるとそれが顕著。実際に会って口にすればなんてことないコトバでも、文章だけだとトゲがあるように読める場合があります。表情とかイントネーションとか声の強弱とか、そういう情報が無くなるからね。ですから意地悪な言い方になってないか気を付けてます。まぁたまにわざと意地悪に書くこともあるけど。意図せず意地悪になっている(素が出ている)こともあるけど(泣)

私は「教える」ことを目的として文章を書いていますから、こういうことには気をつけすぎていても足りないと考えています。教えるとなるとどうしても上から目線になるし、上から目線は基本的に不快感を与えやすいので。仮に私が何も実績を残していない、何もできていない状態で上から目線の発言をした日には大変なことになるでしょう(笑)

コトバってのは奥深いですね。

さてさて、前回の記事で「理屈で考える」みたいなことを書きましたが、残念ながらそういう記事ばっかりだとつまんなくなっちゃいます。人間味が無くなるんですよね。なんかモノクロな感じなんですよ。色がない。「生活感のない部屋」みたいな感じですよ。

やっぱ感情が入って初めてカラーになるんです。景色に色がつくんです。そこで最近はたまには感情を込めた記事を書くようにしています。まだまだできてないって?いやいや、これが限界ですよ。最近はコメントが怖いし・・(笑)でも理屈っぽい記事が続くと窮屈になっちゃうしね。気軽に読めない。だからたまには息抜き的な、ちょっといつもとは違った感じの記事も書きたいですね。

陸さんのブログは色があって面白いなーと思います。ついつい見ちゃうっていう感じ。生活が垣間見えるっていうのが魅力かな。あとナンバーナインのブログはステキすぎる。誰が書いてもユーモアありすぎてヤッパイ!どう考えても1日1記事は読みたいです!ナンバーナインのみなさん、ユーモア特盛で毎日お願いします!!

そういえばちょっと前にニュージーランド支部から写真が送られてきてた。

校長先生(左)の顔の小ささがやべぇ。8頭身以上あるんじゃねーか。
タカフミと校長先生

12番ゲットしたらしい。
12番のユニフォームをゲット

ホームステイ先の子供かな。
タキシード姿のタカフミ