前回の記事を書きながらまた新しいことに気がついてしまった。結構前に「ディフェンスがレシーバーの近くにいてもパスが出せるタイミングはある」みたいなことを書いたことがあると思うけど、なんでみんなそれができないのかがわかった。その理由は前回の記事で書いた「方向に向かってパスを出している」からだ。

相手の手元にボールを届ける。瞬間移動させる。そういう意識を持っていれば、例えレシーバーの近くにディフェンスがいたとしても、そのディフェンスが反応できないタイミングや意識を離しているタイミングを狙ってパスを通すことができる。瞬間的にパッと相手の手元にボールを移せるから。でも「方向に向かって投げている」人はそれができない。空中にフワフワとういている時間が長くなって、瞬間的に相手の手元にボールが移動しないから。

パスがそれてしまう場合も同じだ。方向に向かって投げているからズレが大きくなる。やばい。たった今すげーことに気づいた。見ているところが手前すぎるんだ。だから相手のところにいくまでにズレが大きくなる。

焦点が手前すぎるからずれる

見ているところまではわりと正確に届く。でも、そこから先はズレ幅が大きくなる。相手のいる「方向」を見ている人は、相手の手元に届く頃にはズレ幅が大きくなっている。手元を見ている人はズレ幅が少ない。

これはシュートにも同じことが言える。リングの「方向」を見ているのかリングそのものを見ているのか。結構前にじょーの言葉をかりて「シュートは集中力だ」という話をしたけど、これは気持ちを集中させるという意味ではなくて、「方向を見るのではなくリングそのものに集中するんだ」という意味。

自分が見ているところ。焦点。気をつけてみるといいかもしれない。